脱毛

月経中の脱毛と脱毛

私たちの時間ではどんな女の子や女性のためにそれも手入れが行き届いていることが重要です。これは自尊心を高め、自分を愛し、自分自身の面倒をみて過ごす時間を楽しむのに役立ちます。この治療の不可欠な部分は、過剰な体毛の除去でした。

しかし、この手順が喜びだけでなく目に見える結果をもたらし、そしてあなたの健康に害を及ぼさないようにするためには、あなたがそれを自宅でまたはエクササイズをするかにかかわらず、手順の規則のいくつかについて知る必要があります。

月刊と脱毛

主な問題は、もちろん、月経期間の初めに不要な毛を取り除くことです。時には「女性の日」が早く始まることもあります。それはあなたが専門のマスターへの旅行の計画を台無しにし、時には多くの事柄のために女性がただ周期を追う時間がないということです。

それはまた、月経周期が最も不機嫌な瞬間に始まることもあります - あなたが暖かい国で休憩を取ったり、鼻の上で重要な出来事をしたとき、あなたは美しく、よく手入れされ、滑らかな肌である必要があります。私たちは、月経中に脱毛または脱毛を行うことが可能であるかどうか、今日それを実行することがどれほど危険であるか、そしてそれにもかかわらずそのような必要性が生じた場合に選択する方が良いことを考えます。

なぜできますか

この問題の医学的側面に目を向けると、脱毛に対する直接的な禁忌は見られません。だから 月経期間はあなたの肌の世話をしないと不要な植生を取り除くための理由ではありません それに。

体の親密な部分の健康上の問題は、あなたが(深いビキニを含む)ビキニエリアで脱毛を実行することにしたならば、あなたが慎重に手順を準備して、衛生の必要なすべての規則を守るならば起こりません。無知は非常に快適な結果につながることはできませんので、月経中、これは特に重要です。

なぜ望ましくないのか

医師が月経中に体毛を取り除くことを勧めない主な理由の1つは、痛みのしきい値の低下です。したがって、たとえあなたが高い疼痛閾値の幸福な飼い主であっても、その処置は通常よりも不快になる可能性があります。月経の開始前に2〜3日間手順を実行することも望ましくない。この期間 あなたの幸福に表示されているホルモンのジャンプを特徴とする触覚やその認識にも影響します。

脱毛を延期することが推奨されるもう一つの理由 - 最近の心理的状態。多くの場合、頻繁な気分のむら、および不合理な悲しみや恐怖の出現があります。たとえあなたがあなた自身の、証明されたマスターに行ったとしても、通常の手順があなたに不安と心配を引き起こすことが起こるかもしれません。

それはまたあなたの健康にも影響を及ぼします - ストレスの状態は上手く行きません。そのため、サイクル遅れ、より長い期間、および放電量の変化があり得る。

期間中の肌はより敏感になります。これは、処置後、皮膚病変が切り傷、傷、さらには血腫の形で残る可能性があるという事実に直接影響します。これは、痛みの閾値が低下した日はもちろんのこと、月経中の快適なプロセスではない親密なゾーンでの脱毛に特に当てはまります。

これらすべての要因に基づいて、月経中に余分な体毛を取り除くための手順を実行することは可能であると言うことは安全ですが、このイベントを延期する機会があり、脱毛のための特別な必要性がなければあなたの体は月経後に回復します。

もっと痛いもの

状況によっては不要な髪を早急に処分する必要があるとあなた自身が固く決心しているので、あなたは処置のためのすべての選択肢に慣れる必要があります。種類は何ですか、それらの機能は何ですか、そしてそれらがあなたの肌の状態にどのように影響するかを調べてください。重要な要素は痛みです。

これは、痛みの閾値が低い女性には特に重要です。なぜなら、その期間中、体はさらに敏感になるからです。したがって、怪我をする可能性を避けて、肌を柔らかく滑らかにするための最も痛みの少ない方法を選択する必要があります。

自宅で不要な髪の毛を取り除くのに時間とエネルギーを費やすことを望まないで、女性はしばしばサロンに登録することを好みます。苦痛の少ない方法があります、そして、あなたは本当に何もする必要はありません - すべての仕事はこの分野の経験を持つマスターによって行われます。だから、心配することは何もありません。それはあなたのために正しいです脱毛の方法を選択するためだけに残っています。

体のこのタイプの脱毛は繰り返しその有効性を証明しています。レーザー脱毛は多くの女の子と女性の心を獲得しました、そしてこれのための論理的な説明があります。

原則として、この手順はコースによって実行されます。これは、あなたが主人と個人的に話し合う間隔をおいて数ヶ月間、あなたが不要な髪を取り除くのを助ける専門家を訪問することを意味します。この脱毛方法はどの季節でも利用でき、具体的な禁忌はありません。

あなたがレーザー脱毛のコースを経験していて、あなたが永久に脱毛したいと固く決心しているならば、かみそりを使用することを除いて、他のいかなる脱毛方法も禁止されることを覚えておくことだけが必要です。レーザーの助けを借りて、あなたは体の任意の領域で髪を取り除くことができ、そして手順はそれほど痛みが少ないものの一つです。

月経周期の間に、美容師は処置を延期することを勧めます。また、サイクルの開始の5日前にそれを保持しないでください。それは疼痛閾値の同じ低下と関連している。レーザー脱毛は、PMS中や月経中に、同じshugaringまたはwaxing脱毛のような不快な感覚を引き起こさないという事実にもかかわらず、あなたの体の反応は変わるかもしれません。

それでも治療が必要な場合は、パッドの代わりにタンポンを使用し、さらに親密な領域の衛生状態を注意深く監視してください。感染の原因とならないように、月経周期の間にさらに容易になります。

提供されたタイプの脱毛はレーザーのものに似ています - それは親密な領域を脱毛することに関してはそれらの両方とも最も痛みがありません。皮膚は放射線でも治療されます。光脱毛の場合にのみ、力はあなたが髪を取り除きたい身体の部分に直接依存します。

もう一つの特徴は傷の跡を残さないで、プロシージャからの最大の効果を達成するために脱毛のための装置があなたの肌に個別に調整されるということです。違いは、写真の脱毛にかかる時間がはるかに短くなることと、実行する必要がある手順の数が半分になることです。

手順が効果的であるためには、準備の規則に従う必要があります。コース中に、レーザー脱毛の場合のように、あなたはかみそりに加えて、脱毛するためのいかなる手段も使用することはできません、そして毛の長さは2 mmを超えてはいけません。

彼らがより長いならば、あなたは自分でハサミを服用するべきではありません - サロンからの医者は準備ができているので、あなたは皮膚を優しく治療します。結局のところ、皮膚へのあらゆる損傷は、その部位が再生されるまで光脱毛を延期することを強いる。

サロンへの訪問が後で延期されることができなければ月経は問題になりません - それは彼がビキニエリアを扱うときより慎重になるように単にマスターに警告するのに十分でしょう。そして、あなたはタンポンを使用するべきです。なぜなら、それはそれで親密な区域を扱うことがより便利であり、そしてまたそれがより衛生的でありそして感染の危険を最小にするからです。

また、脱毛後は、皮膚が温度変化を受けないようにする必要があります。浴槽への旅行は望ましくありません。また、多数の紫外線も同様です。

このタイプの髪の毛の除去は、写真やレーザーによる髪の毛の除去と似ていますが、それらはすべて光波のために髪の毛を取り除きます(ELOSの髪の毛の除去にも電波を使用します)。手順の後、髪の毛が落ちる、つまり、セッション中に除去はすぐには行われず、結果が出るまで待つ必要があります。

ただし、このビューには多くの利点があります。あらゆるタイプの肌に適しており、背後に傷や他の傷を残さず、手術後の刺激がなく、最も重要なのはElos脱毛後の脱毛後、安全に日光浴や池に浸かることです。 。

処置自体が不快であることを考慮すると、月経中に親密ゾーンのELOS脱毛を実行することはお勧めしません。痛みのしきい値が低いと痛みを伴う感覚が生じ、セッション後の印象は快適とは言えません。

不要な髪の毛を除去するこの方法は、美容分野の最新の開発に起因するものではありません。しかし、これはそれを最も一般的な、そして女性と男性の両方の性のためのものと考えることを妨げるものではありません。いくつかのコースでは(それはすべて髪の太さ、それらの太さや他の機能によって異なります)、あなたは長い間体の上に余分な植生を取り除くことができます。

不快な特徴のうち、処置の持続時間に注目することができる - 植生が光ビームの一部を指すことによって大量に処理される写真またはレーザー脱毛とは異なり、各毛は個々に処理されるので電気分解は多くの時間がかかる。さらに、電気的な脱毛は、特に月経中は痛みを伴うプロセスです。

このように月経周期中にビキニエリアを治療することはお勧めしません。問題は、作業時にウィザードがピンセットまたは針を使用し、それが直接肌と相互作用することです。月経時に親密ゾーンの皮膚がより敏感であるという理由で、しばらくの間セッションを延期することは価値があります。このように、あなたは女性の日の間に数倍に増える痛みを避け、可能性のある感染や皮膚の刺激から身を守ります。

サロンでは、この手順は "shugaring"という名前でも見つけることができます。このテクニックは、マスターがいわゆるシュガーペーストを好みのゾーンに塗布し、それを肌から取り除くことで不要な髪の毛を引き出すことにあります。手技をより効果的にするために、皮膚からのペーストの分離はかなり迅速に起こるので、毛髪が同時に根元から引き抜かれるので、シャグリングは最も快適ではない感覚を引き起こす。

セッションを行う前に、マスターが月経を含むあなたの体の特徴を知っていることは非常に重要です。すべてのサロンが月経周期を始めた女の子のための砂糖脱毛のサービスを表すわけではないからです。それでも専門家の同意を得る場合は、過剰な植生を取り除く身体の領域を慎重に扱い、いくつかの不快な結果に備えるようにしてください。

これらは、皮膚の腫れ、あざの可能性、ならびに処置後の長期の不快感を含む。利点の1つは、チェックサロンで脱毛を行うことで、肌を傷める危険性が大幅に減少することです。また、マスターは手順を実行するために必要な時間が短くなります。

ワックスで髪を取り除くことは長い間知られていましたが、この方法はその人気を失いました。あなたがワックスストリップの使用に慣れているならば、月経中のそれらの使用は放棄されなければならないでしょう。この方法自体は非常に痛いほど容認されています、そしてあなたの痛みの閾値が十分に高いとしても、あなたはまだより少ない程度にだけ、不快な感覚を感じるでしょう。

親密な部分の脱毛に関しては、それから月経中にビキニをワックスでワックスすることは非常にお勧めできません。少なくともすでに痛みを伴う皮膚反応が数倍になるという理由で、そしてセッションを不快にさせる可能性があるツールの使用は必ずしも助けにはなりません。また、そのような脱毛は最も好ましい結果をもたらさないかもしれない。

肌はより敏感であるため、外部の刺激物に確実に反応するため、あざ、小さな血腫、特に親密な領域に有害である可能性があります。刺激や膿疱があります。

上記のすべては、月経中のワックスがあなたの健康に害を与えないように最善の方法で避けられ、ほんの数日後に、あなたの健康や肌の状態に悪影響を与えることなくあなたにとって最も許容できる方法で手順を実行することを示します。

家で

認定マスターがあるサロンだけでなく、肌に不要な植生を取り除くことができます。時々それは脱毛のために大広間に行くことができないか、または悪い経験の後であなた自身の手順を実行することを好むことが起こる。この場合、あなたは以下のタイプの脱毛と自宅での彼らの行動の特徴に注意を払う必要があります。

自宅で不要な体毛を除去する方法の中で非常に一般的な方法。あなたは、ホットまたはコールドのワックス、そして自己脱毛のために設計されたセット、およびよく知られているすべてのワックスストリップを購入することができます。

ただし、この方法には、次のような多くの利点があります。

  • 効率皮膚は2週間まで滑らかなままで、かみそりと比較して信じられないほどの期間です。
  • 脱毛のために使用されるワックスは体毛を取り除くために特別なクリームよりも柔らかいので、ワックスをかけた後のけがの危険性は非常に低いです。
  • 皮膚の炎症を起こすことはめったにありません。
  • あなたが定期的に手順を実行する場合は、髪を薄く、弱くするのに役立ちます。
  • 体のすべての部分の脱毛に適しており、さらにタフな毛髪も除去することができます。
  • この方法の価格は多くの大広間のプロシージャのそれよりはるかに低い、それはあなたがかなり節約することを可能にするが同時に同時に手入れが行き届いているように見える。

髪の毛は文字通り皮膚から引き抜かれているので、主な不利点の中にはかなり痛い感覚があります。あなたが使用するワックスの組成に注意を払うこともまた重要です:成分のどれもあなたにアレルギーまたは皮膚の刺激を引き起こすべきではありません。

ワックスで顔の毛を取り除くのもお勧めできません。

これは、彼らがより堅い髪を伸ばし始めることができるという事実によるものであり、それは例えば彼女の上唇から髪を取り除きたい女性を喜ばせることはありそうもない。

誤ったワックスがけテクニックも傷つくまで肌に表示される可能性があるので、この方法を使用する場合は非常に注意する必要があります。

月経中は、ワックスをすることを忘れることができます。そして親密なゾーンとして、そして他のものとして。あなたが得る唯一のものは、あなたが髪を取り除いたところの皮膚に問題を引き起こす可能性があるたくさんの不快な感覚です。したがって、月経は決してあなたの健康に、身体的および道徳的の両方の損害を引き起こさないように、ワックスがけを実行する理由と考えられています。

自宅でこの手順を実行するのは、材料で不要な髪の毛を取り除くという条件だけでサロンの脱毛とは異なります(時には手入れの行き届いたペーストを購入するのではなく、自宅で準備することもあります)。女性だけがサロンで働いていないし、この手順のすべての機微を知らない。

もちろん 自宅でshugaringはもう少し痛いでしょう月経周期の前にまだ十分な時間がある場合でも。

月経中は、特に自宅でビキニエリアのshugaringをすることは極端にお勧めできません。事実、私たちがすでに知っているように、皮膚はできる限り敏感になり、痛みを伴う感覚は悪化するだけであり、あざや血腫は後に体の親密な部分に残り、脱毛後の痛みは通常より長く感じられます。皮膚への刺激の出現を排除することも不可能です。

しかし、体の他の部分の除毛は不快な感覚を伴うでしょう、なぜなら最初の数日で痛みの閾値が大幅に減少し、そしてまた下腹部の痛みと状態の一般的な悪化があるかもしれないからです。これ自体はすでに不快です。痛みを伴う手順を実行することについて私たちは何を言えるでしょうか。毎月shugaringのために禁忌になるので、この脱毛は延期するのが良いです。

もちろん、私たち全員が購入して自宅であなたの体の世話をすることができる脱毛器のための広告を繰り返し見てきました。実用性と利点の面で - これは良い解決策です。脱毛器は十分に長い期間毛髪から皮膚を取り除き、植生は次の2〜3週間、あるいは1か月さえも現れない。自宅手続はなかなか良い結果。

脱毛のこの方法の大きな欠点は、すべて同じ痛みです。彼らは、まず第一に、女性の痛みのしきい値に依存しています。さまざまな人々がさまざまな方法で脱毛に苦しむことができるので、そもそも自分の気持ちに集中する必要があります。痛みがひどすぎる場合は、脱毛器を放棄し、他の除毛方法に頼ることをお勧めします。

月経周期の間、脱毛器は禁止されておらず、その使用に対する直接的な医学的禁忌はありません。この手順が数日間延期されるほうがよいのは、痛みに対する体の反応が悪化するためです。

しきい値が低く、期間の前後数日で脱毛がほとんど発生しない場合は、感度が数回向上する日にこのアイデアを放棄する必要があります。これは特に親密な領域の脱毛に当てはまります。

あなたの痛みの閾値がより高く、あなたが特に痛みを伴う感覚を感じないのなら、あなたは試すことができますが、それはビキニエリアから始めない方が良いです。体の脱毛に対する反応をチェックするためには、足のような領域をとるのが良いです。皮膚はそれほど柔らかくはありません、そしてあなたが痛みを感じているならあなたはいつでも手順を終えることができます。

脱毛の代替

長期間の髪の毛の除去を目的とした方法に加えて、たとえ本格的な代替品にならなくても、今すぐサロンマスターに急ぐ機会がないのであれば大丈夫で、お肌は滑らかで手入れが行き届いているはずです。そして、これらの方法は両方とも完全に痛みがないので、月経中のより低い痛みの閾値でさえも処置からの感覚に影響を及ぼさないでしょう。

クリーム脱毛

棚の上に長い間脱毛クリームが登場しました。手順自体が実行される特別なパドルも含まれています。この方法には禁忌はありません、それは絶対に痛みがなく、そしてそれは次のように働きます:クリームはあなたが毛を取り除きたい体の部分に適用されます。それからあなたは肌にそれを保持する必要があります。

その後、シャワージェルや泡立つ可能性がある他の手段を使用せずに、クリームをヘラで皮膚から取り除き、水ですすいでください。この方法の不利な点は、効果が長期的ではないということです。数日後には、たとえそれが以前より少し薄くても、新しい髪の毛が出るでしょう。

ビキニゾーンの脱毛も可能です。クリームが臓器の内部や粘膜に付着しないようにすることが重要です。それらの上で、クリームはこれらの場所の特別な敏感さのために苛立ちを引き起こすことができます。

外では、不快な感覚はありませんので、月経中でも、必要に応じてこの手順を実行できます。あなたが注目すべき唯一のことはあなたの幸福です。最初の2、3日でそれは悪化するので、もしあなたがクリームで脱毛をするならば、それはサイクルの開始から数日後に最良です。

かみそりによる脱毛

かみそりは、オプションとして、旅行中にサロンでマスターと一緒にコースを修了する機会がない場合、または自宅で脱毛器を使用する時間があまりない場合に便利です。この方法は痛みがありませんが、最近では髪の毛が薄くなったり弱くなったりするのではなく、硬くなり、数日後にとげのある毛が現れるため、需要がますます少なくなっています。

しかし、他に選択肢がないときに髪の毛を取り除く方法として。とても合います。

それは髪を削除するときに痛みを引き起こさないので、月経中にかみそりを使用することは可能です。不正確な動きでは、不要な髪を取り除きたい部分に肌を傷付ける可能性があるため、注意が必要です。しかし親密な区域はかみそりで扱わない方が良いです。処置の間に不快な感覚がないにもかかわらず、あなたはあなたの肌を傷つけることができます。

親密な場所ではさらに穏やかなので、刃に触れると小さくても小さくなくても切れる可能性があります。それ自体は不快であり、感染も引き起こす可能性があります。もちろん、これは絶対に避けてください。

あなたが自信を持ってあなたの手でかみそりを握り、ビキニ部分さえ傷つけないようにそれを取り扱う方法を知っていれば、制限はなく、あなたは月経中でさえかみそりで髪を取り除くことができます。

まとめると、月経はあなた自身とあなたの体の世話をすることを拒否する理由ではないと安全に言うことができ、多くの女の子と女性にとって厄介な質問「月経中に脱毛を行うことは可能かどうか」に対する答えは明らかに前向きです。

緊急のニーズがある場合は、セッションを通過する余裕があります。主なことは、この時期の感覚がより鮮明になり、痛みが激しくなることを忘れないことです。したがって、すべてのリスクを理解した上で、意識的に選択する価値があります。

ほとんどの場合、最も適切な方法 月経中に不要な植生を除去するには、痛みを伴う感覚を軽減することができるマスターがあるサロンでのセッションです。。それはあなたが月経中に脱毛を行うのを害しますか - それはあなたの体の特性だけでなくあなたが毛を取り除くことを選ぶ方法にもよります。

場合によっては、手続きが待つことができるならば、急がないでください。サロンでのハイキングは延期することも、自宅で脱毛することもできます。月経期間中、あなたはまだサイクルが身体へのそれ以上のストレスなしで通過することを確実にする必要があります、それで次回サイクルを脱毛または遅らせた後に刺激の形で不快な驚きがないように。

あなたの健康を大事にして、あなたの体に耳を傾けることを忘れないでください - それはあなたに正しい決断を告げるでしょう。

月経中に脱毛や脱毛をすることはできますか?

女性は2つのカテゴリーに分けられます。1つ目は脱毛に危険なものは見られない、2つ目は脱毛における身体への脅威を考慮していることです。問題を明確にするために、植生を取り除くためにそれぞれの方法を別々に検討する価値があります。

  1. 古典的なシェービングは重要な日の間に滑らかな肌を作成するための最良の方法です、それは美容師や医師によって許可されています。ブレードは短時間ではありますが、すばやくそして痛みを伴わずに毛を取り除きます。
  2. 月経中のshugaringも禁止されていませんが、あなたは不快な感覚や炎症の可能性に備えておく必要があります。手技のために皮膚を慎重に準備し、消毒薬の世話をするべきです。月経中に一部のムステラはディープビキニの分野で処置をとらない。他の人は手順を衛生的にするためにタンポンを使用することを提案します。
  3. ワックスの助けを借りて月経中に脱毛をしないでください、それは通常の時間内であっても不快感を引き起こす、そして月経中に感覚が増加します。
  4. 美容師は月経中にほとんどのハードウェア脱毛手順を実行することをお勧めしません。それはあなたの月経周期の下でサロンへの訪問を微調整することをお勧めします。レーザーやその他の装置は健康を害する可能性があります。ただし、最終的な決定は専門家との個別の会話の後に下されるべきです。

このように、なぜあなたが月経中に脱毛をすることができないのかという主な議論 - 激痛と皮膚炎の危険性。もし女の子が必要な規則に苦しみ、それを遵守することをいとわないのであれば、おそらく月経周期のこの期間中でさえ、植生の除去。

重要な日に手順の結果

重要な日の間に、体温の上昇と血液の連続的な放出があります。これら二つの要因は有害な細菌の開発のための好ましい環境を作成します。脱毛によって負傷した皮膚に乗ると、たとえ女性が個人の衛生状態を注意深く監視していても、それらは炎症の発生を引き起こします。

かつて脱毛をした一部の女の子は激しい痛みを恐れています。重要な日には、疼痛閾値は上昇し、そして慣れ親しんでいる処置でさえひどく不快に思われる。

最悪の場合、皮膚に瘢痕、やけど、しみ、血腫が発生することがあります。

不可能だが非常に必要なとき

人生は予測不可能なことなので、時には、規則に反して、完璧に見せるために月経中でさえも毛を取り除かなければなりません。この場合、かみそりは最速かつ最も安全な方法です。

何らかの理由で古典的なシェービングが受け入れられない場合は、美容師に相談する必要があります。その手順が彼の期間中に可能であるかどうかを調べます。

ワックスがけのようなShugaringは、女性が痛みに耐えて処置を完了できると確信できる場合にのみ許可されます。

脱毛のための最良の時期:勧告

  1. 脱毛を計画する場合は、月経周期の段階が手技の痛みに影響を与える可能性があることを考慮する必要があります。抜け毛は月経の3〜4日以内、つまり月経周期の最初の段階にしてください。通常、この時点では、痛みは少し鈍いです。疼痛の増悪は通常月経開始の2〜3日前とその後2〜3日で起こる。
  2. 月経中の脱毛ディープビキニは、衛生のすべての規則に従って、最も極端な場合に行われます。手順の後、防腐剤と天然クリームによる皮膚治療は必須です。
  3. 月経の数日前、体に変化が起こり始め、余分な髪の毛の脱毛の結果が悪化します。しかし、月経周期の最初の週には、手術後の発毛が遅くなります。これはもう少し有利な時間を待つもう一つの理由です。

月経が13歳で始まるとき、卵胞は明るく残る可能性があり、ひげをそる必要はありません。しかしこの年齢までに毎月の鉄鋼ならば。

そのような日に女性で痛みのしきい値が減少し、神経過敏性が増加するという事実のためにレーザー脱毛は月経中にお勧めできません。

月経中にレーザー脱毛することは可能ですか?

レーザー脱毛は、長年にわたって体のあらゆる場所から余分な植生を除去するための優れた選択肢です。ビームは毛嚢に作用し、それを破壊します。

月経中にレーザー脱毛をすることはできますか?はい、しかし月経中にこれに頼ることはお勧めできません。

なぜ考慮事項がいくつかあります。

  1. 低疼痛閾値。女性の重要な日には、表皮は2倍敏感になります。これは、この手順に痛みと不快感がより明確に伴うことを意味します。
  2. ビキニゾーンを脱毛するのは美的で衛生的ではありません。しかし、もし女性が自分の衛生状態を監視することができれば、月経があっても親密な部分からの脱毛を防ぐことはできません。
  3. 心理的・精神的アンバランスこの期間中、女性は非常に衝動的です、気分は変わります。レーザー脱毛のためのハイキングは不安の原因になることがあります。そのようなストレスは健康に悪影響を及ぼす可能性があります。これらは、血圧の急激な上昇、月経周期の失敗、ホルモンの乱れ、心臓の問題などです。
  4. 処置後の望ましくない影響の危険性が高まります。皮膚の敏感度が増すために、火傷、切り傷、血腫、水ぶくれ、発赤、色素沈着過剰、炎症などがより頻繁に起こります。最も受け入れやすい場所はビキニゾーンです。腕や脚の上にさえ、炎症を起こしている部分があるので注意が必要です。

合併症のリスクを最小限に抑えるために、この操作に最も都合のよい日を選択する必要があります。

この手順が最も成功した日

重要な日にレーザー脱毛するのはベストタイムではありません。また、月経予定日の5〜7日前にサロンに行ってはいけません。この期間も適切ではありません。

最適な期間は月経終了後1〜3日です。この時点で、痛みのしきい値が上昇し、麻酔なしの操作の変種があります。レーザー脱毛の副作用もここで最小化されていますが、これは個人的な衛生と消毒治療が無視されるべきであることを意味するものではありません。

安全上のご注意

あなたが待つことができず、そして重要な日の間にあなたのために手順が必要であるならば、それはあなた自身のためにいくつかの点を明確にすることは価値があります:

  1. あなたがビキニエリアを脱毛したいならば、それから徹底的に親密なエリア全体を洗って、綿棒でパッドを交換してください。匂いがなく、さらに痕跡がないことが重要です。それは主人だけでなくあなたにとっても非常に不快なものになるでしょう。あなたが自分自身を完璧な順番に並べることができないならば、誰も仕事を始めたくないでしょう。
  2. 手技(除毛がサロンで行われている場合)またはあなた自身が、手技の前後に、全領域を防腐剤で治療する義務があります。これは感染を防ぎます。
  3. あなたが美容室に行くつもりならば、それから彼がそのような日に仕事を引き受けるかどうか調べるために専門家に電話するか、彼に直接会いに来てください。月経中のビキニエリアの女性のための手順に強く反対する巨匠もいます。
  4. 痛みの軽減を心配しています。あなたは家の中でどんな強い薬でも取ることができます。大広間では、マスターはローカル麻酔薬を提供する。あなた自身のために何かを選ぶことができます:ジェル、スプレー、クリーム、冷却圧縮。
  5. 将来的にはすべての規則に従ってください。注意が重要です。消毒液で定期的に皮膚を拭いてください。真皮が刺激剤(化学的または機械的)と接触しないようにしてください。いかなる場合も、風呂、サウナ、サンルーム、温水シャワー、または風呂には5日間入らないでください。太陽の下で日光浴をすることは禁止されています。

月末まで待つ機会がある場合は、そうすることをお勧めします。

あなたが月経を禁止していない時にレーザー脱毛のために行くために、しかし多くの美容師はそれを勧めません。これらは、感染症に感染するリスクが大幅に増加する日です。肌の敏感さが増すと、この手順はあなたにとってひどく痛みを伴うようになるでしょう。「致命的な」ゾーンを開発する必要がある場合は、ビキニでも、あなたは道を見つけることができます。主なことは、衛生状態を維持し、優れた麻酔薬を選び、表皮を徹底的に消毒し、そして滅菌条件下で処置を行うことです。

レーザー脱毛と期間 - すべての長所と短所

現代の女性は皆、肌、髪、爪、体型など、彼女の姿を非常に注意深く見ています。肌の滑らかさが不十分でありながら、独特の画像を作成することは、単に不可能です。最近まで、不要な髪を取り除く最も一般的な方法はかみそりでした。今日まで、非常に多様な代替方法:ワックスおよび糖の脱毛、脱毛のための様々なクリームおよびゲル、光 - 、電気分解、そしてもちろんレーザー脱毛。ちなみに後者の方法は、多くの現代の女性に好まれています。さらに、レーザー脱毛の結果は、不要な毛を除去する他の方法よりも優れています。質問は未解決のままです:月経中のレーザー脱毛 - 手順の可能性はありますか、任意の禁忌がありますか?

月経中にレーザー脱毛をすることはできますか?

この質問に明確に答えることはできません。もちろん、重要な日にはこの手順を延期することを医者はお勧めしますが、すべてが非常に個性的です。少なくとも各女性は月経を含む身体で発生するさまざまなプロセスに異なって転送されているという事実を取ります。誰かにとって、月経は野生で耐え難い痛みですが、誰かがまったく特定の不快感を感じることはありません。これに基づいて、あなたは月経中のレーザー脱毛を厳しく禁止することはできないという単純な結論に達することができます。しかし、月経が始まる数日前や批判的な日には、女性の肌が敏感になり、敏感になります。つまり、痛みの閾値が下がり、脱毛中に激しい痛みが現れる可能性が高くなります。これはまた、一般的な不安定状態、危機的な日々による感情的不安定性によっても説明されます。 「最近」の脱毛は様々なアレルギー反応、発赤、腫れを引き起こす可能性があります(ビキニ部分は特に敏感です)。それぞれの女性は自分の気持ちから進んで自分の体を聞いて自分で決断をします。

レーザー脱毛は高効率を特徴とする、事実上痛みのない手順です。したがって、自分の体の余分な髪に対処するこの方法を好む多くの女性は、月経中にレーザー脱毛を行うことが可能であるかどうかについてさえ考えていません。特に、効率的であることに加えて、処置後のレーザー脱毛もそれとは異なると考えるならば、内向きの髪の毛に問題はなく、黒い点は消え、そして髪の毛はもはや成長しません。あなたの月経周期を知ることで、女性は美容師との手続きのセッションを簡単に調整して正しくスケジュールすることができます。 Medline美容センターの有資格スペシャリストは、クライアントに最高レベルでアドバイスし、美容分野の審美的問題を解決し、体のさまざまな部分にある余分な「植生」を取り除きます。革新的な技術、最先端の設備、行き届いた態度、そして各クライアントに対する個別のアプローチが、Medlineセンターの最大の利点です。

当然のことながら、あらゆる種類の美容処置と同様に、レーザー脱毛には多くの禁忌があります。急性ヘルペス、皮膚上の感染性および炎症性プロセス、アレルギー、静脈瘤、糖尿病、慢性皮膚疾患、機械的傷害、刺され)。レーザー脱毛は、不要な毛を除去するための最も一般的な方法です。さらに、美容にレーザーを使用すると、さまざまな肌の問題を解決し、審美的な欠陥を取り除くことができます。ストレッチマーク、瘢痕、瘢痕、クモ状静脈、入れ墨などを取り除きます。

自分の体をよく知っていて、さまざまなプロセスや手順に対する反応から、女性は月経中にレーザー脱毛が必要かどうかを簡単に判断できます。間違いなく、医師のアドバイスや勧告を覚えておく必要があります:サイクルが始まる数日前に、女性の身体にある種の変化が起こるので、この期間中に脱毛手術を行うのは望ましくありません。しかし、月経の4日目から始まることは可能です。レーザー脱毛のための最高の日 - サイクルの真ん中。この期間中に実行された手順が最も効果的です。

月経中の脱毛ビキニ

そして別に月経の日にビキニエリアで脱毛について話す価値があります。第一に、この領域の脱毛はそれ自体で痛みを伴うものであり、第二に、月経中に皮膚の炎症や血腫を起こすのは非常に簡単です。以下では、(主にビキニ用の)脱毛の最も適切なタイプと最も適切ではないタイプについて説明します。
「痛みを伴う」タイプの脱毛

自分でワックスをかけ、しわくちゃにし、脱毛することは、すべての女性ができるわけではない非常に痛みを伴う手順です。しかし、痛みを伴わずに冷静にそして事実上それらを容認する人がいます(しばしばそれはいくつかの処置の後、中毒から起こります)。この場合、あなたはこれらの方法でそして月経中に髪を取り除くことを試みることができます。

美容室で

あなたがサロンで髪の毛を取り除くために行くならば、彼がこれらの日にあなたと仕事をするかどうか最初にあなたのマスターに尋ねてください。答えが肯定的であれば、マスターとあなた自身が快適になるように慎重にセッションの準備をしてください。衛生製品の世話をする(この場合はタンポンを使用することをお勧めします)。

あなたがそれが傷つくことを恐れているならば、脱毛セッションの前に鎮痛剤を飲むか、または麻酔薬のクリームで皮膚の望ましい領域を治療してください。また、シャグリングとワックスが効果的に似ていることを覚えておいてください、しかし、シャグリングは髪の毛が成長することによって取り除かれるという事実のために痛みが少ないと考えられています。

月経時に脱毛するための最良の方法

かみそり - それは痛みを引き起こさないように月経中に良い選択肢、。しかし、それはビキニ領域には適していません、なぜなら、マイクロカッティング(そして時にはマイクロではない)は、皮膚を剃るとき必然的に形成されるでしょう。

月経中、体温が上昇し血液が流れ続けていると、有害なバクテリアの繁殖のために良い土が作られます。女性が慎重に衛生状態を監視している場合でも、これらの細菌は、怪我をしていて炎症を起こしている皮膚に当たると、炎症過程を引き起こす可能性があります。

月経中の電気、レーザーおよび光脱毛

これらの手順は月経、特に3つすべての中で最も痛みを伴うものとしての電気分解にもお勧めできません。レーザーと光脱毛は痛みがない場合がありますが、皮膚の炎症の危険があります。そして、セッションの効果はすぐには現れず、一週間か二週間後になって初めて、毛が落ち始めても、急いで月経が終わるのを待つ意味はありません。

ビデオ:あらゆるタイプのレーザー脱毛

ヒントとコツ

月経中の脱毛は、それが本当に必要な場合に限ります。また、最初の2日間とは異なり、月経の3日目または4日目に痛みを伴う少女がいることを覚えておいてください。可能であれば、少なくともその日まで待たなければなりません。

ビキニ部分の脱毛をするときは、すべての衛生対策に従ってください。手順の後は、必ず天然成分を含む消毒剤と保湿剤で肌を治療してください。

自分の世話をして、美しくなりましょう!

Loading...